【B4B】バグ・問題点への対応を公式が公開

攻 略
攻 略

Back 4 Bloodの開発元であるTurtle Rock Studiosは、B4Bのリリース後にユーザーから寄せられた、バグや不満点などの問題への対応をTrelloで公開しました。

当該ページでは、既知の問題を「ACTIVE」と「TO-DO」に分けて掲載しています。

おそらく、ACTIVEは対応中の問題、TO-DOは対応予定の問題だと思われます。

※記事内の翻訳内容には意訳が含まれます。

ACTIVE(対応中の問題)

ゲームプレイ

  • ソロキャンペーンにおいて物資ポイントと実績解除ができない
  • マッチに再接続された際に、プライマリ武器が消失する
  • ADS(覗き込み)状態で死亡すると、ADS時の倍率のままリスポンする
  • ゲーム内で落ちているカードにピンを指した時、「card here」と言わない

マッチメイキング・サーバー

  • マッチメイキングが不安定
  • スワームモードのマッチで人数が揃わない
  • キャンペーンで4人以上のクリーナーがマッチングされる

ビジュアル

  • ストリーマー・フレンドリーモードの追加
  • 超ワイドモニターに対する改良
  • アルティメットエディション特典のスキンを設定しても、再ログインした際にデフォルトスキンにリセットされている
  • チャプター終了時、ユーザー名が数字になる

TO-DO(対応予定の問題)

ゲームプレイ

  • マップの移動をした時、セカンダリー武器が再装填されていない
  • 隠し要素に関する実績(Finding secret-interactable accomplishments)の解除が達成されない
  • スワームモードで同じリドゥンを一度に選択すると、3人以上が選択できる(通常は2人まで)

マッチメイキング・サーバー

  • スワームモードで他チームが離脱/切断した場合のマッチングへの対応
  • クイックプレイで参加したプレイヤーが、銅貨なし、初期武器、初期状態での弾薬量でスタートする
  • フィナーレマップの最終盤でも、クイックプレイでプレイヤーが参加してしまう

ビジュアル

  • カードのテキストの大きさが、テレビサイズに対して理想的ではない
  • フォートホープ内でサンドバッグを叩いたりしゃがんだりすると、モデルの動作がおかしくなる
  • レスキューポッド*内でのプレイヤー名がBOTとして表示される

    *クリーナーを蘇生するときに、壁に縛り付けている物体のことだと思われます。


 

ソロキャンペーンの問題や、マッチメイキングのバグは、困っているユーザーも多そうなので、優先的に対応してほしいですね。

同ページ内では、既に対応した問題(RELEASED/LIVE)もリストアップされていて、ユーザーが確認することができます。

「ゲーム中に遭遇したバグは修正されるのか?」「そもそも開発は認識しているのか?」など、不安に感じている方は定期的にTrelloを覗いてみるといいかもしれないですね。

B4BJPコミュニティでも、公式側にバグや問題点の報告ができるように働きかけています。もし、当記事で紹介した以外のバグや問題を確認している方は、Discordサーバーにて報告を受け付けております。
Ysk
Ysk

ずっとマッチングされないのはバグの影響もあったんですね。
ユーザーの不満が大きい問題は、早急に改善してほしいです。

Back 4 Blood Japanコミュニティ@B4B_JP

コメント

タイトルとURLをコピーしました