【B4B】総額200万円の大会の結果は?優勝チームは○○までクリア!

その他
その他

Facebook Gaming*にて12月3日に『Back 4 Blood Last Team Standing』が開催!

参加チームは3時間半という制限内でナイトメアをAct1からプレイし、終了時点でのキャンペーン進捗率を他チームと競いました。

参加者たちは総額2万ドル(12/06時点で約226万円)の賞金をかけて、他チームとしのぎを削ったわけですが、いったい誰が優勝を果たしたのでしょうか…?

大会結果

本大会では1~4位入賞までが賞金を獲得できるルールでした。

優勝チームは Team Freebies で、賞金1万ドルを獲得!
以下、 Team showhe 、 Team Kunj 、 Team Nickool と続きます。

それぞれのチームの最終的な到達地点は、次のようになっています。

上位4チームの最終到達地点

順位 チーム 到達地点
1位 Team Freebies ダイナー Act1 3-2
2位 Team showhe 酒場の電撃作戦 Act1 2-3
3位 Team Kunj 一掃 Act1 2-1
4位 Team Nickool 一掃 Act1 2-1

優勝チームのライブ配信

Back4Blood Invitational k Tournament!
Back4Blood Invitational k Tournament! bonus for all new subs until December! Lots of Supporter only giveaways coming up! Become a supporter:...

配信の録画を確認すると、配信者はランビルド*で移動速度を上げてプレイしていました。

(ルール上、グレネードグリッチやカード増殖グリッチは禁止項目でしたが、”走り抜けるプレイ”は禁止されていません。)

やはり、正攻法よりもランした方が時間は短縮できるようですね。

*移動速度やスタミナ回復のカードを積むことで、リドゥンを振り切りやすくなるビルド構成。


 

本大会は参加条件として、レベルアッププログラム*に登録したFacebookストリーマーである必要がありました。そのため、参加チーム数は7組のみと少数でした。

大会の試みとしては面白いと感じたので、今後は参加条件を緩和するなどして、規模を拡大した大会になるといいなと思います。

*Facebook Gamingで配信をしているストリーマーのうち、一定条件をクリアしたストリーマーが参加できるプログラム

Ysk
Ysk

優勝した瞬間はかなり喜んでいましたね。
日本でも大会が盛り上がるといいな~

Back 4 Blood Japanコミュニティ@B4B_JP

コメント

  1. 名無しのクリーナーさん より:

    steamの人数比を参考にするとCS込みでも数百人しか日本人プレイヤーいないのでは・・・
    日本大会やっても賞金出してくれるところはなさそう

  2. 名無しのクリーナーさん より:

    発売直後位だったら盛り上がったと思うんだけども…

  3. 名無しのクリーナーさん より:

    3時間半もかけてランとかいう想定していない(笑)手段使ってまで
    大抵のチームがact1序盤をようやく越えた程度っていう結果が
    評価や客離れなど含めたすべての答えだと思うけどね

  4. 名無しのクリーナーさん より:

    敵がチートまがいな事してくるゲームなんて
    賞金が出てもやりたくねえわ

タイトルとURLをコピーしました